体の黒ずみがひどいと脱毛してもらえないの?

脱毛とメラニンの関係

エステサロンのフラッシュ脱毛や美容脱毛、そしてクリニックのレーザー脱毛は、いずれもメラニン色素に反応する光を皮膚に照射して、毛根にある発毛組織にダメージを与える仕組みになっています。メラニン色素にしか反応しないなら本来は肌にダメージはないはずですが、色素沈着がすごくて黒ずみがひどい場合は話は別で、毛と同じものだと認識してダメージを受けてしまう可能性があります。脱毛に行ったのに断られたというのはこれが原因です。

それじゃあ脱毛できないの…?

お店が脱毛ができないと断るのは、その人の体のことを考えてくれているからです。でも摩擦や自己処理、ホルモンバランスなどでできてしまった色素沈着を消すには長い時間がかかりますし、美容皮膚科で薬かレーザーで美白してもらわないと脱毛してもらえないのでしょうか?ところがそういうわけではないんです。脱毛の技術も改良され続けていますから、最新の脱毛器だと色素沈着があっても照射できるものが登場していますし、出力を下げることで対応できるようになりました。

美白にもなる脱毛もある?

エステサロンで主に使用されるIPL脱毛自体が、もともと毛穴の引き締めやリフトアップなどを目的に使われるもので、肌のターンオーバーの周期を速めることができます。施術後には美肌ケアも同時に出来るように、鎮静用ローションに美白成分を贅沢に配合している所もあります。医療レーザーは無理でも光なら脱毛ができるという人の場合は、しばらくは光脱毛を行って、色素沈着が薄くなってきたらクリニックに乗り換えるというのもいいですね。

医療脱毛は保証期間が充実しているので期間中であれば何度でも好きなときに最新式のレーザーを当てることができます。